スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「創価学会」信者の祖父を「幸福の科学」信者の孫が殺害した「河口湖事件」

 大分、長い間、更新していませんでしたが、「カルト集団」に「毒殺・刺殺」
されたわけではありません。

 また、「幸福の科学 お断り !! 」や何者かにたたき壊された「毒 まくな !! 」
の看板を自宅の塀に掲示している青森・八戸市の反対住民も「カルト集団 青
森・八戸支部」構成員、準構成員および関係者に、以前よりも『陰湿かつ執拗
な』「心的圧力・威嚇攻撃」を受けているようですが、まだ「毒殺・刺殺」はされて
いません。


 しかし、何ですなぁ。週刊新潮 10月15日「神無月」増大号を買って読みまし
たが、山梨県河口湖付近の町で起こった「幸福の科学」信者の孫が祖父母を
メッタ刺しして殺害した事件。悲惨な事件としか言い様がないですな。

 週刊新潮記事によると「殺害の動機」は「祖父母から文科省から認可申請を
却下され、大卒資格を得られないHSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)
への進学を反対されていたからのようだ」とのことで、祖父は「創価学会員」と
のこと。

 原因は、他のアンチブログにも書かれているように、進学資金の問題なん
でしょうかな。 

 しかし、「経済的理由」で進学できない人たちなんていくらでもいるんですよ
ね。大学どころか高校でも。

 その人達が、「親や祖父母が進学資金を出せない」ので、『殺意を持って執
拗に刺し殺』しますか。聞いたことがない。

 この事件を起こした少年ですが、祖父母が反対しようが何をしようが、自分
がいきたいと思ったら、高校出てから「自分で働いて学費を稼ぎ」お金が貯ま
ったら堂々といけばいいだけのことです。働きながらいってもいいんです。


 ★ 注) ただ、拙ブログでは、HSUはお勧めしませんが。  ★


 そういう人、世の中にも、私の周りにもたくさんいますよ。

 それと、「幸福の科学」ですが、親や祖父母が反対していて学費を出さないとか、
経済的な問題ほかで入学できない高校生に対しての対処はしていないのでしょう
か。

 聞くところによると、信者が1100万人もいるんだし、経営成功祈願とかいうも
のもしているんだから、経営がうまくいっている信者企業に就職を斡旋して入学
させるとか、できなかったものですかねぇ。

 教団は何をしていたのでしょうかな。


 ★ 注) くどいようですが、拙ブログでは、HSUへの進学はお勧めしませんが ★


 この事件の動機などは、今後の捜査・司直などゆだねられることになり、公表され
ることと思いますが、

 『 反対する祖父母を殺意を持って執拗に刺し殺してまで入学したい 』

と思わせる「魅力」がHSUのどこにあるのか、

 また、名前を出して申し訳ありませんが、創価大学や、立正大学、東京神学大学、
仏教大学、國學院大學など、同じように自宗教系大学・各種学校を持っている教団
では、このような事件が起こったことを聞いたことがないのに、なぜ「幸福の科学」で
起こってしまったのか。

 そして、この事件に対しての「幸福の科学」教団の今後の対応を含めて、

 今後の展開に注視すべきですな。



 ★ 個人的な感想です。

 ★ 「宇宙の根本仏」であられまする「大川隆法 総裁先生様」は、

 ★ 「この事件が起こる前」に『 お分かりにならなかったのか 』

 ★ とっても「疑問」に思いますな。




 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。