スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『カルト宗教』取材したらこうだった」感想文 !!

やや日刊カルト新聞社創立者兼総裁の藤倉善郎さんの「『カルト宗教』取材
したらこうだった」宝島社 2012年刊(文庫本だと定価571円+税、お勧め
です)を読み直してみました。

 「幸福の科学」に関する記事の中に、「幸福の科学川島特別支部」がある
「大川隆法総裁先生様」のご出身地であられる徳島県吉野川市川島町での
出来事がありました。

 藤倉さんには断り無く「無断転載」いたします。関係者の方で不都合がある
場合、ご連絡ください。よろしくお願いします。

 ★ 住民との対立

 「はじめは町の自治会で(抗議の看板を、福原補記)出したから。ところが、看
板を出したら、教団の人間が勝手に取り外したりした。住民の敷地に勝手に入
って、やで。

 そんなことをしておいて、支部の職員が自分を町会に入れろという。拒否した
ら、人権擁護局に申し立てをしたり、反対派の中心的な住民以外の家を戸別
訪問して、一人住まいの老人とかを言いくるめて『賛成』の署名にサインさせて、
『住民の過半数の賛成を得た ! 』なんて言いよる。この辺りは、日中は年配の
主婦くらいしか家にいない。教団は、事情もよくわかっていない人だけに戸別訪
問して懐柔して回った」

 この一件が元で自治会は分裂して解散。反対派住民数軒が別途自治会を設
立したという。解散した自治会の代わりに、幸福の科学に取り込まれた住民と
「ことさらに反対しない」住民も自治会を設立し、その後、川島特別支部の支部
長である教団職員が自治会長に収まった。

 (中略)

 「いまも抵抗しているのは、ほんの数軒、教団職員が町会に入ることになって、
町会が分裂したんや。最近だと、去年(10年)の末あたりに看板外してくれってち
ょっと言ってきたくらいやな。でも何年か前までは本当にひどかった。1000万円
の損害だから、このまま続けるなら訴えると通告してきた。田舎の人間が、いきな
りそんなこと言われたら、そら震え上がるわ。そんなことしておきながら、教団の弁
護士が来て『カネで解決できませんか』と言ってきたりもした。金額聞くまでもなく拒
否したけどな」

 教団職員が住民に手渡しした通知書には、「自主的に看板を撤去しなければ当
方で撤去する」といった趣旨の記述もあった。住民宅の敷地に入り込んで勝手に
看板を撤去するのは、明らかな「不法侵入」「器物損壊」。住民が看板を撤去しな
いでいると、実際に教団は勝手に看板を取り外し、破壊して近くの草むらに捨て去
るなどした。

 (引用終わり)

 いやはや、なんとも、ですな。

 聞くところによると吉野川市川島町に、「『大川隆法総裁先生様』の金色色に輝
く大銅像(でしたっけ?)」をお建てになられるとか、吉野川市川島町、今後どうな
るのでしょうか、気になりますな。

 それと、千葉県長生村はどうなんでしょうかな。まあ、「平成の松下村塾」との
誉れ高いHSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)に集い、学ぶ、信仰心の
厚い方々でしょうから、「このようなこと」は全く「心配ない」こととと思われますな。

 今度、選挙権が18歳以上に引き下げられますので、3年後にはHSUの関係者
だけの票でも、村会議員を数名当選させることができる数になりますな。

 千葉県長生村の住民の方々の反応、誰か知っている方がいらっしゃいましたら、
拙ブログや他のアンチ・ブログにコメントお願いします。

 あと、「幸福の科学 お断り !! 」や何者かにたたき壊された「毒 まくな !! 」の
看板を自宅の塀に掲示している反対住民が青森・八戸市にいますが、「青森・
八戸市」ではどうなんでしょうかな。気になりますな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。