スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福実現党 公認候補 の その後 !!

聞くところによると、われらが「幸福実現党」「憲政史上最高の美人党首
であられる釈量子党首」が東大五月祭で、講演会を開いたそうですな。

 その講演会に130名の参加者がいたとか。さすが、「憲政史上最高の美
人党首 釈量子党首」ですな。

 どうせだったら、「憲政史上最高の美人党首」だけでなく、

 「憲政史上最高の美人副党首」や
 「憲政史上最高の美人副々党首」、
 「憲政史上最高の美人副々々党首」、
 「憲政史上最高の美人副々々々党首」なんかを作って、全国各地に派遣し
たら「統一地方選挙」ももう少し当選者が出たのではないでしょうか。

 と、いうことで、本日も「幸福実現党」の話をば。

 
 2009年の総選挙で全選挙区に公認候補を出し全敗した「幸福実現党」で
すが、そのときの公認候補者はその後どうなったかを見ていたら、こういう例
がありました。(文中敬称略)

 「幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉さん」のお膝元である青森県八戸市と
同じ青森県で国政選挙に立候補し続けた「石田昭弘」。

 2009年8月 総選挙 惨敗  「幸福実現党 公認」

 2013年7月 参院選 惨敗  「幸福実現党 公認 職業(幸福の科学北東
                     北支部巡回支部長)

 2014年7月 青森・平川市議補欠選挙 ★当選
                     「★無所属  ★職業(無職)」

 と、「地方議員様」におなりあそばされていました。

 この青森・平川市議補欠選挙は、大量の選挙違反者が出て逮捕されたため
行われた補欠選挙で、立候補者は大半が新人候補。そのなかで、「石田昭弘」
は、定数8人、立候補者数9人中7位で当選。得票数は835票でした。

 青森・平川市の人口は約3万2千人。おお、人口約23万人の青森・八戸市で、
565票だった「中西修二」よりも多い得票を獲得しています。

 この「石田昭弘」が本当に「幸福の科学」をやめて、「幸福実現党」と無関係か
どうかわかりませんが、青森・八戸市議選に出た「中西修二」が「無所属・推薦
無し」でありながら「告示前に、幸福の科学八戸支部の受付にパンフレットを置
いていた」こともありますしな。

 「中西修二」、青森・八戸市議選で、この「石田昭弘方式」を参考にしたのでし
ょうか。でも、2匹目のドジョウはいなかったようですな。

 他の都道府県は、どうなんでしょうかな。似たようなケースがあるのでしょうか。

 聞くところによると「いらっしゃる」ようだとのこと。気になりますな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。