スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カルト」が蔓延る「精神的な土壌」 !!

「幸福の科学 お断り !!」や「毒 撒くな !!」の看板を自宅の塀に掲示している
青森・八戸市の反対住民から聞いた話です。

 10年ほど前のこと、反対住民が八戸の自宅にクルマで戻る途中、自宅付近
で中学生くらいの子供の集団が騒いでいたのでよく見たところ、自宅近隣の中
学校のカバンが捨ててあったので、クルマを停めたてみたとのこと。

 カバンの他に教科書が2、3冊捨ててあったので、反対住民、付近を探したよう
ですが、他の教科書は別な場所に捨てたようで、全部は探し出せなかったそうで
す。他に、ノートや文房具、中学生だとサイフを入れていたのではと思い、これも
探したそうですが、見つけられなかったそうです。

 反対住民、「悪質ないじめ」だと思ったので、自宅近隣の中学校に出向き、カバ
ンと教科書を応対した教師に手渡し、「悪質ないじめだと思うので、厳重な対処を
してほしい旨」を伝えたそうです。

 その時、応対に出た教師ですが、『特段、驚いた様子もなく』、『本当に対処する
んかいな』と思わせるような態度に見えたそうです。

 そして、その日の夕方、このいじめにあっていた生徒とお母さんが、反対住民宅
にお礼に訪れたそうです。

 その時のお母さんの話と深刻な態度から、この生徒は他都道府県からの転校生
で、もっと酷いいじめにあっている」ことが分ったようです。

 当時、反対住民のクルマは、この生徒の転出先と同じ都道府県の車両ナンバー
だったので、お母さんも安心して話したのではと言っていました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 しかし、

   『 いじめの度がすぎますな。これじゃあ、「犯罪」じゃないですか 』

   『 肉体的な暴力があったかどうかは分りかねますが、精神的な暴力以上の
    ものがありますな。 』


 この時、いじめにあっていた生徒とお母さんからの連絡はあったものの、中学校
からの連絡は一度もなかったようです。 

 反対住民に、いちいち報告する義務や必要は無いとは思いますが、一度くらい
何か連絡があってもいいのでは。一般的な社会人としてどうかと思いますな。ま
してや、教育者ですからな。

 この反対住民は、子供のころ、数年間、青森・八戸の小学校に通ったことがある
そうですが、その間、連日、いじめにあったそうです。兄弟などは、教師に新しい
運動靴を燃やされたことがあるとも言っていました。

 「自分の時から、数十年経つが、八戸北高や八戸工高の生徒のいじめ自殺事件
を見るに、『この町は何も変わっていない』」と反対住民は言っています。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 このような『異常な精神的土壌』があるからこそ、人口23万人程度の田舎町
(失礼)で、数年前に生徒がいじめで自殺した事件がありながら、また繰り返し
ているのでしょうな。

八戸市役所の職員は、大半が八戸市出身と思われますし、青森・八戸市は、
県庁所在地の青森市の次ぐ、県下第二の町で、近隣に大都市がないことから、
青森県庁職員や教職員も八戸市出身者が多いと思われます。当然、八戸市の
地元企業は、八戸市出身者が大半でしょう。

 前述のような「集団でいじめをして、それをなんとも思わない人間」が大人に
なり、八戸市に居住し、八戸市役所をはじめとする各職場で勤務しているわけ
ですな。

 反対住民が所属している自治会の『元学校の校長だったと本人が言う、小学
校で国語を勉強してこなかったとしか思えないような一般人には理解不能な回
答』を繰り返しよこす自治会長 佐渡学幸 (仮名敬称略)や『呆れた対応・回答
に終始する』八戸市役所市民連携推進課、よく分かるような気がします。

 (八戸市役所市民連携推進課以外の部署も呆れた対応をしていますが、それ
 は後日。)

 また、「カルト集団」が反対住民に、3年半以上も「威嚇行為」を続け、それが
どんどん過激になっているという現状も理解できますな。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このような『異常な精神的土壌』が存在する町に『カルト宗教』が入り込んだら
どうなるのか。


 『 火を見るよりも、明らかですな。 』 


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 青森・八戸市のこの『異常な精神的土壌』に関しては、まだまだ話はあります
が、反対住民の「今後の対応」もあることから、それを見ながら話したいと思い
ます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そう言えば、「幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉 さん」は、15年くらい前に
八戸市議に初当選して、10年以上も連続して市議を勤め上げたお人でしたな。

 「幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉 さん」からは、10回目のお手紙の返
事がまだきていないようですが、来ることを期待したいものですな(笑)。


 

 

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。