スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ポア』 の季節 !?

 まだ、『 ポア 』 されていません(笑)。

 が、私が自宅でPCに向かうと『必ず、騒音をたてる輩、家の前で奇声をあげ
る輩、爆走するクルマやバイクが、ご出現』しています。

 監視しているのでしょうな。窓のカーテンは24時間閉め切っているのですが、
影を監視しているのでしょう。どこの『カルト宗教』でしょうかな。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 『 幸福の科学 お断り !! 』や『毒 撒くな !! 』の看板を自宅の塀に掲示し
ている青森・八戸市の反対住民も同様のようです。

 先日、外出する時に自宅から主要道に出るまでの数分間に、5台の「通せ
んぼクルマ」の他に「東南アジアの田舎でよく見られるような車道に物を置い
ての通せんぼカルト集団老人構成員」が複数、「ご出現」したそうです。夕方、
自宅に戻ってきた時も同様とのこと。

 青森・八戸市の「カルト集団」、よっぽど『訴訟』を起こされたくないようです
な。暴力威嚇行為をすればするほど、逆効果だと思うのですが、『主にマイ
ンドコントロールされている』状況では、理解不能でしょうな。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それでは、青森・八戸市の「カルト集団の老人愚連隊」の話をば。

 注)「愚連隊」と言っても、今の若い人たちには、よく分からないと思います
   が、アバウトに言うと、「チンピラ、タチの良くない暴力者の類」のことで、
   政治的な思想体系などを持たない、「考え」のない暴力行為をする愚
   か者のことです。

  青森・八戸市の反対住民宅付近の「カルト集団のゲバ(ルト)老人」には、
こんなのがいるようですな。なお、反対住民の「今後の対応」もありますの
で、簡単に触れることにします。           (文中 仮名敬称略。)

 
 ★ 東寺福子 の場合

  この東寺福子は、「過去に重大な『コト』を起こしたことがある」80代の
 老女構成員。反対住民が「毒 撒くな !! 」の看板を掲示することになっ
 た「原因」者のようですな。

  この東寺福子、反対住民が朝、家庭ごみを収集場所に出しに行こう
 とすると

  『 反対者の体にぴったりとくっ付き、鬼のような形相で、反対者の顔
   を睨み続けるという行為 』

  をするそうです。

  若い女性に「これ」をやられたら、まあ、多少は「いいのかもしれません」
 が(笑)、80歳を遠に過ぎた老女じゃ、ねぇ。

  この反対住民は、過去に「あるカルト宗教の反対活動」をしていて、東南ア
 ジアやヨーロッパのカルト宗教の親分と直接対峙した経験が何回もあるので、
 こんなことでは、「ビビら」ないが、と言っていました。

  反対住民が、「ビビら」ないので、「あの手この手で」威嚇行為をしてくるそ
 うです。「完全にマインドコントロール」されているのでしょうかな。

 ★ 武森聖七 の場合

  この男も、反対住民が家庭ごみを収集場所に出しに行こうとすると、

  『 反対住民が何もしなくても、いきなり、睨みつけて因縁をつけ、怒鳴りつけ
   てくる行為 』

  をとるそうです。

  他に、反対住民の家に「鬼のような形相」で怒鳴り込んできて、大声を上げ威
嚇することなどもあったようですな。

 反対住民が抗議すると「カルト集団構成員の元学校の校長だったと本人が言
う自治会長のような『意味不明な、小学校で国語を勉強してこなかった』としか思
えない」ことを怒鳴り喚き散らしたそうです。そのため、反対住民は家の門に防
犯カメラを設置して、必ずカギをかけるようにしたとのこと。

 この男は、70歳くらいの「カルト集団老人構成員」、「あの手この手」で威嚇行
為を続けているようですな。

 ★ 田町某 の場合

 この男も、70歳くらい。元「国民の安全を守る仕事」をしていたそうです。

 反対住民が、自宅付近の道路に出ると

 『 よく、自宅からわざわざ出てきて、タバコをふかし(この行為を何故するかは、
  後日、詳細を話ます)、反対住民をずっと睨み続ける行為 』

 をとるそうです。

 前述の2人に比べると、「田町某」、さすがに「国民の安全を守る仕事をしてい
ただけに、「迫力が違う」と反対住民が言っていました。

 しかし、この反対住民、前述のように、「東南アジアやヨーロッパのカルト宗教
の親分」と「直接、対峙した経験」があるので、ビクともしません。

 ただ、あまりにも『幼稚な行為』ですし、『時間の無駄』なので、すぐ切り上げる
が、と笑っていました(笑)。

 しかし、この「田町某」、「真剣」だそうです。これで、「国民の安全」は大丈夫な
のでしょうか?甚だ、疑問ですな。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「カルト集団老人愚連隊」には、まだまだ「構成員」がいるようですが、今日は
この辺で。青森・八戸市、これが日常茶飯事とのこと。『北朝鮮よりも酷い所』で
すな。

 このような老人愚連隊や異常な状況を生み出す、何か、『異常な精神的土壌』
があるのでしょうかな。

 次回、以降、青森・八戸市の、この『異常な精神的土壌』について、述べたいと
思っています。

 『 幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉 さん 』からは、9回目の手紙の返事
が、来ないようですので、『 10回 』目を送るようですな。今度は、返事がくるで
しょうか? 『期待したい』ところですな。

 直接、『幸福実現党本部』に会いに行った方が、早そうですが、ね。






 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。