スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちのく八戸 けんか上等 夜露死苦 !! ~青森・八戸 こども特攻隊と暴走族 !! ~ ★頑張れ !! 下村文科相 !! ★

 下村文科相には、今回の総選挙、ぜひ頑張ってほしいものです。間違って
落選でもしたら、「幸福の科学」から「天罰だ !!」「魔は滅びる!! 」などと何を
言われるかわかりませんからな。

 「幸福の科学」、講談社の「フライデー事件」のような『実力行使』に出ては
あかんぜよ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と、言うことで、3年半前から『実力行使』に出ている青森・八戸市の「カルト
集団」の話です。(文中 仮名敬称略。)

 青森・八戸市の「八戸市役所『認可』集団」である「よからぬカルト集団」には、
「中高老年深夜早朝暴走族」のほかに、『こども特別攻撃隊とこども暴走族』が
あります。

 「幸福の科学お断り !!」や「毒 撒くな !!」の看板を自宅の塀に掲示している
反対住民の近隣に住む「カルト集団の構成員」「続木某」の子どもたちの一派
です。


 ★ こども特別攻撃隊

 この「カルト集団の構成員」「続木某」のこども集団は、「幸福の科学お断り !!」
や「毒 撒くな !!」の看板を掲示している反対住民宅の塀に向かって、自転車で
「特別攻撃」を繰り返しているそうですな。

 反対住民宅の塀を見ると確かに『特別攻撃』された「穴」が多数開いています。
さながら、太平洋戦争時、日本軍の「神風特別攻撃隊」に特攻された米国空母
の様相です。これは、証拠物件があるので、確かなことです。

 また、この「カルト集団の構成員」「続木某」の子どもたち、反対住民宅に向か
っての『花火によるミサイル攻撃』もしかけたことがあるそうです。この時は、「続
木某」、親も一緒だったとか。

 この青森・八戸市の「カルト集団」、北●鮮や中●の侵略攻撃に備えての「特
別攻撃」の訓練をこどものうちからさせているんでしょうか。



     ◆ 青森・八戸市の「カルト集団」、

       日本の未来を信じ、祖国のために戦った、靖国に眠る英霊たちに、

       申し訳ないと思わんのでしょうかな。



 ★ こども暴走族

 この「カルト集団の構成員」「続木某」のこどもですが、朝、学校に出かける時に、
『お母さん !! 行ってきます !! 』と『自宅の外で、不必要に大きな声で叫んで、バタ
バタと、これも不必要な足音をたてて』駆け抜けていくそうです。

 それも、「反対住民宅の前だけ」で、反対住民宅を過ぎると「おとなしく、静かに」
音も立てずに歩いていくそうです。

 また、この「続木某」のこども一派は、反対住民宅付近の道路で、よく遊んでい
るそうですが、反対住民宅前だけで、「不必要に騒ぎ」、他の場所では「おとなしく」
遊んでいるそうです。

 ( しかし、この反対住民宅の前の道路、こどもが集団で遊んでも大丈夫なくらい
「車の通行がほとんどないところ」なんですな。ここを「中高老年深夜早朝暴走族」
が爆走しているわけですか。

  こどもだから、車やバイクというわけにはいかないでしょうから、「駆け足での
 暴走行為」なんですな。反対住民に「ストレスを与える行為」です。抗議された
 ら、「こどもがやったことだ、言いがかりをつけるな。」と言い返すのでしょうな。
 よく考えたものですな。 )


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こどもの頃から、これでは、このこどもたち、将来は「オ●ム化」の恐れがあり
ますな。将来が心配です。

 そう言えば、先日、神奈川県座間市の中学校の元校長が、「大川隆法の『霊
言本』と『幸福の科学大学』のパンフレット」を卒業名簿を元に約500名の卒業
生に送りつけたことがありました。この人、自分が勧めた「幸福の科学大学」
が認可にならなかったこと、どう説明するのでしょうかな。

 ここ青森・八戸市の反対住民が所属している自治会の会長 「佐渡学幸」、
反対住民の質問状に対して、回答になっていない意味不明な文書を送って
きて、終いには「私は、これ以上、何を言っていいのかわかりません(の意)」
という「なさけない文書」を返してきた、この人も「学校の元校長」でしたな。

 ちなみに、この自治会長 「佐渡学幸」あての文書は『内容証明郵便』だっ
たそうです。「八戸市役所市民連携推進室」にもこの文書を見せたそうです
が、八戸市役所も『呆れた対応』のようでしたな。青森・八戸市、不思議な
町ですな。

 われらが、『幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉 さん』は、八戸市議を
10年以上勤めあげた大物です。八戸市の「教育行政」に対して、どのよう
な対応をしてきたのでしょうか。これで、いいんですかな。

 上條幸哉さんと、一度、じっくり話をしたいのですが、9回目の手紙の
返事が2週間以上経っても着ません。早く返事が欲しいものですな。

 反対住民、このブログの記事で、『訴訟を起こされたり』、『どこぞの役所
に訴えられたり』でもしたら、『相手の素性と手口』がよくわかると言ってお
りました。その時は、このブログで報告いたします。

 次回は、青森・八戸市の「カルト集団 老人愚連隊」について、書きたい
と思います。その前に、この「愚連隊」の連中がやってきそうな気がします
な。来たら、そのことも書きたいと思います。まあ、呆れますよ(笑)。




 
 

 

 

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。