スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 !!  「幸福の科学」 冬の祭典


 「幸福の科学」が幕張メッセで、毎年恒例の「冬の祭典」を開催するようですね。

 そこで、「大川隆法 教祖は、商人 宗教編」の前に、わが「キタのシンチ」教団
の幻視者(霊能者)である木田野哲人改め北乃鉄真が「キタの神様からのありがたきメ
ッセージ」を。


 注) 北乃鉄真の「キタの神様のメッセージ」は、東京地裁認定の「一般人が普通の
  読み方・見方をすれば、真実ではないと思うので、何を言っても名誉棄損にはなら
  ない」というものだということを、最初にお断りいたします。

 ・・・・・・・・・・・・・・

 『 地方から東京に出てきて成功した田舎者のような、成金趣味的なパルテノン神
  殿みたいな教団建物を全世界に創るのじゃ。

   そのための経営戦略、いやもとい、伝道活動はだな。

   ① 大阪(北の新地)に総合本部を置き、東京(新宿・歌舞伎町)、博多(中州)、
    札幌(ススキノ)、仙台(国分町)などに支部を、研修センターを京都(祇園精
    舎)を設置する。

     東大や京大、早稲田、慶応、あと日本で社長が一番多い日大付近に、学生
    部も欲しいのう。

   ② 信者を増やすために、いやもとい、社会貢献のために、宗教教育を中心と
    する中学校、高校、大学の設立。大学には、我が国最初の「酒道学科」じゃ。

     もちろん、出版社も創って、一般大衆を騙くらかす、いやもとい、社会貢
    献の一環じゃ。

   ③ カネ儲けのために、いやもとい、社会福祉のために、病院、老人ホーム、
    葬祭会館、霊苑を創る。

     「ゆりかごから墓場まで」で、信者から全財産をむしり取る、いやもとい、
    ご法友様の心の平安をお伝えする。

   ④ 自分たちのわがままをごり押しするために、いやもとい、より良き社会を
    創るために、政教完全一致の政治団体「キタのシンチ真理党」を創設する。
    衆・参院全選挙区に候補者を立てて、全員当選じゃ。

   ⑤ 信者からカネを撒き上げるため、いやもとい、ご法友様に悟りを開いていた
    だくために、

     ◎ キタの神様のメッセージ拝聴料は、1回 100万円以上をめあす、
      拝聴後の「酒行」料は、お通し 100万円、ビール1本100万円、
      各種地酒100万円というような「明朗会計」にせよ。

   売上ノルマの達成のため、いやもとい、真理の伝道のために、全職員が一丸と
  なって、信者をマインドコントロール、いやもとい、ご法友様に教えをお伝えす
  るように努力するのじゃ。「商売」に、いやもとい、「修行」に励むように。

   教団経営の基本は、「マーケティング」、いやもとい、教団活動の根本は、
 「真理の探究」。

   これらの方法で、「世界征服」、いやもとい、「世界伝道」を目指すのじゃ。

  以上じゃ。 』

                ありがたや、ありがたや。

  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
  注) 繰り返しますが、このメッセージは、東京地裁認定の「一般人が、普通の読み
    方・見方をすれば、真実だと思わないので、名誉棄損にはならない」ものです。
    その点を、ご理解ください。

     また、これを読んで気分を害された方がいらっしゃいましたら、北乃鉄真に代
    わってお詫び申し上げます。



       

   
スポンサーサイト

大川隆法 教祖は、「商人」 !?  東大編


種村修さんの「幸福の科学」に対しての名誉棄損訴訟で、東京地裁は、
何度も繰り返しますが、

「 霊言は、その人の守護霊が語ったことではなく、大川隆法教祖の意
 見である 」と判断しました。


 その裁判の種村さんの感想の中に、


 『大川隆法教祖は、商人』


 という表現があったので、少し思ったことを。


 ・・・・・・・・・・・

 私の歳の離れた東大法学部出身の友人が言ったことです。


「 東大法学部では、とんでもなく優秀な学生がいて、優(成績評価の
 一番上で、優、良、可の順。大学によってはA、B、Cの順です)を
 独り占めするような学生がいる。

  だから、大半の学生は、優が少ししかない。『可山優三』状態だ。」


 注) 「可山優三」とは、「可」が山ほどあって、優が少ししかない成
   績が悪い学生のことを揶揄した大昔の学生用語。もちろん、俳優の
   加山雄三をもじったものです。若い人は、知らないと思うので念の
   ため解説します。

    あと、上記の東大法学部での話は、いくぶん誇張されたものだと
   思いますが(笑)。


  その友人は、地方の公立進学校から一浪して東大法学部に入学したの
 ですが、やはり『可山優三』だったそうです。ある国家試験を受験した
 のですが、不合格だったので、卒業後、とある企業に就職。

  大手銀行と当時の花形産業の企業の面接を受けたそうですが、大手銀
 行は全敗。当時の花形産業の最大手企業もダメで、とある企業に入社し
 たそうです。

  とある企業と言っても国際的にも有名な大企業で誰でも知っている会
 社です。当時の文系大学生の就職希望企業ランキング上位にも入ってい
 る会社です。

  友人が、入社した会社には、東大からの入社は数名だけで、最初から
 本社の管理部門に配属になったそうです。

  しかし、友人は、その会社が第一希望でなかったなどの理由で、入社
 数年で退職して、再度、ある国家試験を目指すことに。今はその資格を
 取って活躍しています。

  私と会って呑んでいるときなど、「その会社は嫌だった」と酔っぱら
 うとよく言っています。やはり、東大法学部のプライドが許さなかった
 のだと思います。私のような一般的な普通の大学出身者とは、全く違い
 ますね(笑)。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 大川隆法教祖は、地方の公立進学校から浪人して東大法学部。そして、
トーメン(現豊田通商)という商社に入社したそうですね。

 大川隆法教祖が、大学を卒業した時期の文系大学生の就職希望企業ラ
ンキングを調べてみると、ベストテンには、三菱商事と三井物産という
最大手商社以外は、全部、大手銀行(合併前の第一勧銀、富士銀行など)。

 ですから、大川隆法教祖もトーメン入社は、第一希望ではなかったは
ずです。失礼ながら、トーメンは私の友人が入社した会社よりもずっと
規模の小さい会社です。誰でも知っているという会社ではないですね
(旧トーメン関係者の方々には、失礼ですが)。


 トーメン時代は、私の友人と同じ気持ちだったのかも知れません。


 ・・・・・・・・・・・・・・


 私の友人は、現在、ある国家資格を取得して経営者としても活動して
いますが、数年だけしか勤務していなかった会社が属する産業界の人た
ちのモノの考えや行動がいまだに抜けないと言っています。私も見てい
ると、友人の経営方法は、その産業の経営方法と全く同じです。

 今年、話題になった言葉に「倍返し」がありますね。私は見ていなか
ったのですが、あれは、銀行員のドラマですよね。銀行員の友人に聞く
と、「とてもよく分かる」と言っていました。

 金融業界、マスコミ業界、役所関係者など、それぞれその業界特有の
思考・行動パターンってありますよね。そして、それが一生抜けないよ
うに思えます。かくゆう私もその一人です。


 中途退職して、独立した友人たちを見ていると、それぞれの出身業界
の思考・行動パターンで同じような手法を駆使して経営しています。


 銀行出身者は、銀行の経営手法を、商社出身者は、商社の経営手法を。


 ・・・・・・・・・・・・・・・


 トーメンという商社出身の大川隆法教祖も同様でしょうね。

 「幸福の科学」を見ていると、そういう気がします。


 ・・・・・・・・・・・・・・・


 以上、思ったことを徒然なるままに。

(大川隆法 教祖は、「商人」!? 宗教編 につづく)





 

幸福の科学 お布施返還訴訟


 種村修さんのブログ「真実を語る」に、「幸福の科学」元信者さんたちの
「お布施返還請求訴訟の裁判傍聴の件」が載っていました。私も同感です。

 その内容は、種村さんのブログをご覧ください。詳しく説明なさっています。


 ・・・・・・・・・・・

 しかし、「幸福の科学」の職員の証人喚問での答弁

 『 元信者が契約した納骨壇は、穢れているので今後使用しない。だから、
  返還する必要がない 』

 って、

 あんたら、宗教者でしょう。なに、たわけたことを言っているんだと思いますね。
穢れを清める力もないんですか。「幸福の科学」には。


 キリスト教や仏教などの伝統宗教教団では、不適切な表現ですが、「墓地だって
空いたら、ちゃんとお清めして他の方にお貸ししますよ。」


 これ、裁判所での記録に残るので、『幸福の科学の教団としての見解』とみなさ
れると思います。

 ・・・・・・・・・・・

 今後、元信者さんたちからのお布施返還訴訟が続発したら、


 『 元信者から「いわゆる霊感商法」で集めたおカネは、穢れているので今後
  使用しない。だから、返還する必要がない 』

 なんて、バカな言い訳もしそうですね(笑)。

 ・・・・・・・・・・・

 今回のお布施返還請求訴訟、裁判長が「幸福の科学」教団に、「永代供養料
の分だけでも返せ」と和解を勧めたことは、意義がありますね。

 元信者さんの弁護をした弁護士さんは、どちらの方か分りませんが、その方
と種村さんたちの力は大きいものがあります。敬服いたします。


 さあ、元信者の皆さん、

 『永代供養料は、取り返すことができますよ』

 みんなで、取り戻しましょう !!!


 ・・・・・・・・・・


 追記

  今後のお布施返還訴訟のために、「領収書」や「仏具等の勧誘文書やその勧
 誘の際の会話の録音」、「仏具書籍等の現物(邪魔だと思いますが)を取ってお
 きましょう。

 「領収書」を紛失した場合は、「購入年月日」、「購入金額」、「購入した仏
 具書籍名」などをメモして、保存しておいてください。某カルト宗教の場合は、
 「領収書なしでの自己申告」でも勝訴しています。

 みんなで頑張って、おカネを取り戻しましょう !!!

 


シャーマニズム~統一協会と幸福の科学


 マインドコントロールやカルト宗教研究の第一人者である浅見定雄先生の
著書を読んでいたら、そのなかに、

 「 統一協会の性格のひとつに、『シャーマニズム』がある 」

 と、ありました。

 多少略して引用させてもらいます。


 「 シャーマンとは、要するに死霊・祖霊などの『霊界』と交通できると
  信じられている『霊能者』のことである。

   『シャーマニズム』とは、『シャーマンを媒介とした霊的存在との接
  触・交渉を中心とする宗教現象』、あるいは、

  『トランス(忘我・脱我・恍惚)のような異常心理状態において、超自然
  的存在(神霊・精霊・死霊など)と直接的接触・交渉をなし、この過程で
  卜占・予言・治病・祭儀などを行う呪術-宗教的職能者(シャマン)を中
  心とする宗教現象』である。

   これらの定義は、統一協会の実態とじつによく合う。

  
   まず、教祖自身がそういうシャーマン的体験を売り物にする人物である。


   教祖文鮮明はすでに16歳の時、『大先生の前にイエス様が現れ』、お告げ
  をしたという『霊的』体験の持ち主であることになっている。

   『先生は単身・・・イエスをはじめ、楽園の多くの聖賢達と自由に接触し、
  密かに神と霊交なさ』った。

   まさに男シャーマンそのものである。 」


   そして、

 「 統一協会の行いが、シャーマニズムの最悪の形態をよく示している。いわゆ
  る『霊感商法』がそれである。

   主婦たちの不安や年寄りの不幸につけ込んでは、『霊のたたり』で脅し、霊
  媒者のまねや霊に取り憑かれた振りをして、印鑑や壺や『多宝塔』を売りつけ
  る。決して豊かではない人々、むしろ普通より不幸で貧しい女性や老人を餌食
  に、貯金や年金の最後の一円まで絞り取ろうとする。 」

 「 アジア全域に分布する素朴な民衆のシャーマニズムは、こんな非人間的なも
  のではない。 」                        
                                引用以上


  この著書を読んで、


  幸福の科学の大川隆法教祖も「まさに『男シャーマン』そのもの」であり、
 「幸福の科学」も『シャーマニズム』である


  と言えますね。

  そして、あちこちの幸福の科学関係のブログを見るに、


  「幸福の科学」も『貯金や年金の最後の一円まで絞り取ろうとする』傾向
  にある


  と思えます。


  皆さん、いかが思われますか?


  


  注) 『統一協会=原理運動 その見極め方と対策、浅見定雄著、日本基督教団
    出版局刊、1987年』。


     大分前に発刊されたものですが、マインドコントロールや霊感商法について、
    わかりやすく解説している書籍です。

     購入できない場合は、日本キリスト教団の教会で置いてある教会があると思
    います。教会員でなくても貸出してくれると思いますので、興味がある方はぜ
    ひお読みください。

     あと、引用箇所が長くなりましたので、問題等があればご指摘ください。
 


「幸福」に入ろう !?

 「キタのシンチ教団」の「キタの神様からのありがたきメッセージ」を賜りました。

 「キタのシンチ教団」の幻視者木田野哲人が、皆様にキタの神様からの み言葉を
  お伝えいたします。なお、ご拝聴料は、お一人様金100万円以上めあすです。



  『幸福に入ろう !?』      (高田渡「自衛隊に入ろう」のメロディで)
                    

  みなさん方の中に
  「幸福」に入りたい人はいませんか
  天国に行きたい人はいませんか
  「幸福」じゃ信者もとめてます

  「幸福」に入ろう 入ろう 入ろう
  「幸福」に入れば あよ世は天国
  男や女 子供もみんな
  「幸福」に入って カネを出せ

  霊言を聞きたい人いたら
  いつでも「幸福」におこしください
  宇宙人でも種村さんでも 何でもありますよ
  とにかく カネが必要です

  「幸福」に入ろう 入ろう 入ろう
  「幸福」に入れば あの世は天国
  男や女 子供もみんな
  「幸福」に入って カネを出せ

  過去世や守護霊や幸せに
  興味をもっている方は
  いつでも「幸福」におこしください
  カネとり カネとり 教えます

  「幸福」に入ろう 入ろう 入ろう
  「幸福」に入れば あの世は天国
  男や女 子供もみんな
  「幸福」に入って カネを出せ


  『 ありがたや、ありがたや、 東京地裁判決 マンセイ!? 』



プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。