スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「訴訟 上等 !! 」 「カルト集団 青森・八戸支部」 !!

「カルト集団 青森・八戸支部 構成員・準構成員・関係者」の「幸福の科学
 お断り !! 」や何者かに壊された「毒 まくな !! 」の看板を自宅の塀に掲示
している青森・八戸市の反対住民への「威嚇行為は」まだ続いているそうで
す。

 もう、4年以上ですから1,500日、毎日24時間ですから時間にして36,0
00時間続いているわけです。これでは、ギネスブックに申請できそうですな。

 昨日も、反対住民が自宅からクルマを出そうとしたら、近隣の「カルト集団
青森・八戸支部 構成員」の「武森清八」(仮名敬称略)がわざわざ『反対住民
をにらみ続けるためだけに家から出できて、しかも道路上でウロウロするふり
をして、反対住民のクルマの走行を妨害した』そうですな。

 この「武森清八」ですが、70歳くらいの高齢者。いい歳を「しずきて」いるのに
「頭の中はどうなっている」のでしょうか。気になります。

 相変わらずの「とうせんぼクルマ」や「挟み撃ちクルマ」、「犬の散歩をするふ
りをして威嚇する構成員」、「尾行する構成員」などなどが大量に「ご出現」して
いるそうです。

 今まで、仮名で書き込んでいましたが、そろそろ実名と実住所等で、被害状況
も証拠を挙げて公表したらいいのではと思いますな。聞くところによると、反対住
民宅には、防犯カメラも設置していますし、画像も公開できると思います。

 「カルト集団 青森・八戸支部 構成員・準構成員・関係者」から「名誉毀損だ !!
カルト妨害だ !! 一億円の訴訟だ !! 」と訴えられたら「訴訟 上等 !! 」で 対抗す
ればいいと思います。

 これも聞くところによると「カルト集団 青森・八戸支部 主要構成員」は70歳く
らいの年金生活の高齢者で、裕福そうな人はいないそうです。そんな人が一
億円の訴訟を起こしたとしたら「背後関係」がよくわかると思いますな。 

 そうなると、「カルト集団 青森・八戸支部」を八戸市役所が「公認」しています
ので、いろいろと八戸市役所関係の資料も裁判所に提出されることになります。
八戸市役所担当部署や担当者の実名も裁判ですから公開できますな。

 拙ブログでは、「やや月刊 カルト集団 青森・八戸カルト裁判コーナー」を設置
して、「実況中継」したいと思っています。

 青森・八戸市のような「カルト集団が支配し、それを市役所が公認する町」を
つくらないためにも必要なことだと思っています。

 いやぁ、今後の展開が楽しみですな。




スポンサーサイト

カルトを守る ! 日本共産党 !!

  一ヶ月のご無沙汰でしたが、これは統一地方選挙の動向を見ていたからです。

 われらが「幸福実現党」は、公認候補が5勝35敗、推薦が少し当選のようです
が、これについては後日、話したいと思います。


 本日は、「日本共産党」の話。

 「幸福の科学 お断り !! 」や何者かによってたたき壊された「毒 まくな !! 」の
看板を自宅の塀に掲示している青森・八戸市の反対住民からの情報です。

 統一地方選挙前半戦、青森県議会議員選挙の時です。

 この反対住民の自宅は、主要道からさらに奥に入った路地のようなところなの
で、立候補者の選挙カーが自宅前を通ることは滅多にないそうです。

 ところが、そんなところに「日本共産党」の候補者の選挙カーが来て、

 ★ 『 ○○(町内名)の皆さん、私は、宗教を守ります !!!!! 』

 と叫んだそうです。

 この○○町内会は、「カルト集団 青森・八戸支部 構成員・準構成員他の巣窟」
で、「幸福の科学 お断り !! 」の看板が掲示されている地域です。

 その中を堂々と「雄叫び」をあげながら街宣する「日本共産党」 !!!!

青森・八戸市は人口約22万人の小さな町です。当然、「庶民の味方」である「日本
共産党」ですし、この候補者は「元八戸市議」なので、、「『幸福の科学 お断り !! 』
や何者かによってたたき壊された『毒 まくな !! 』の看板を自宅の塀に掲示してい
る反対住民」がいることは、「よくご存じのこと」だと思われます。

 知っていての「所行」でしょうな。

 「幸福の科学」を守る「日本共産党」なんですな。まあ、「類は友を呼ぶ」とかいい
ますしな。「天下の公道」で「このような雄叫び」をあげる「日本共産党」、どうかと
思いますな。

 しかし、「幸福の科学 大川隆法総裁先生様」や「幸福実現党 元八戸市議 
上條幸哉さん」、

 ★「日本共産党」に「守ってやる」と「天下の公道」で言われて、恥ずかしくな
いのか。

 ちなみに、この「日本共産党」候補者は、堂々の「ご当選」。「青森県議会議
員様」です。それも、青森・八戸地区から日本共産党として初めて当選した議
員のようです。この議員、「統一協会」や「エホバの証人」、「天華の救済(旧法
の華三法行)」なんかも「守る」んだろうか。「要注視」ですな。

 この話を、選挙期間中に書くと、

 「日本共産党」から、

 「 選挙妨害だ !! 」、「 思想弾圧だ !! 」、「名誉毀損だ !! 一億円の訴
訟だ !! 」と訴えられる可能性がありましたし、

 「幸福の科学」からは、

 「 宗教妨害だ !! 」、「 宗教弾圧だ !! 」、「名誉毀損だ !! 一億円の訴
訟だ !! 」と『 本当に訴えられる 』 ので、「 自粛 」しておりました。

 しかし、「庶民の味方」「日本共産党」がこれでは、青森・八戸市、恐ろしや、
恐ろしや、ですな。

 

★ 「毒 撒くな !!」 の看板 壊される !!

「幸福の科学 お断り !!」や「毒 撒くな !!」の看板を自宅の塀に
掲示している青森・八戸市の反対住民の話です。

 「毒 撒くな !!」の看板が『 何者か 』によって、叩き壊されてい
たとのことです。

 「反対住民」が何かアクションを起こすと必ずこれです。

 昨年の暮れから、「ペットの不審死」、「防犯カメラのケーブル切断」、
「『毒 撒くな !!』の看板の叩き壊し」などなど。続いています。

 「カルト集団 青森・八戸支部 構成員」の『 特攻・通せんぼ・付き
まといクルマ 』も以前よりも露骨になってきたそうです。

 それでは、本日の二台。

 ★ 13時19分    八戸 300 つ 71-36

 ★ 13時22分    八戸 530 さ   8-27

 他多数の「ご出現」だったそうです。

 「カルト集団」が支配した町 青森・八戸市、善良な一般人が住む町
ではありませんな。


「カルトが蔓延る精神的土壌」~青森・八戸北高女子生徒いじめ自殺事件①

 「青森・八戸北高女子生徒いじめ自殺事件」の続報です。

 デーリー東北(青森・八戸市本社)の紙面から抜粋します。

 青森県いじめ防止対策審議会(会長・内海隆青森公立大学教授)は、昨年
12月23日、青森県庁で第10回会合を開き、調査報告書をまとめた。

 審議会は、女子生徒に対し、いじめの可能性があるとした21件のうち、
▽一部生徒が無視する ▽一部生徒が女子生徒の髪形をからかった ▽
一部生徒が無料通信アプリ「LINE」で女子生徒の悪口を言っていたー
など7件のいじめがあった事実を認定した。

 一方で、これらは「心身の苦痛を与えるという加害側の意図があったか」
「継続的・集中的あるいは執拗な行為か」など審議会独自の観点からいじ
めの悪質性を評価した結果、いずれも「顕著な悪質性は見られなかった」
として、

 自殺の理由は、「重度の摂食障害や抑くつなど複合的な要因がつながっ
た」と、いじめが直接的な要因ではないと結論付けた。会合終了後、内海
会長は中村充県教育長に答申し、県教委は三村申吾青森県知事に報告
した。

 これに対し、自殺した女子生徒の両親は、「無念、納得がいかない」とし
て、県に再調査を求める意向を示し、三村申吾青森県知事は、青森県青
少年健全育成審議会(会長・宮崎秀一国立弘前大学教授)のいじめ調査
部会に、再調査するよう指示。同部会は昨年12月28日から審議を開始
した。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この自殺した女子生徒(当時、2年生)の母親は、女子生徒が1年生の時
から、高校側にいじめの件で相談していたとのことですが、そういうことは
「無視」したのでしょうかな。「深刻な状況」でなければ普通は相談しません。
自殺した女子生徒だって、「継続的、執拗な行為」でなければ、自殺までは
しないはずです。

 それと、以前のデーリー東北の紙面に、同審議会が「いじめの内容は『保
護者や生徒、地域社会に影響を与える可能性がある』ので事前公表しない」
と載っていたのに、それには触れていません。

 この同審議会、本当に「審議」したんですかな。「県教委側に配慮した審議」
ではないのでしょうか。デーリー東北も「どこぞに『ご配慮』した」んでしょうかな。
とっても気になりますな。

 「幸福の科学 お断り !!」や「毒 撒くな !!」の看板を自宅の塀に掲示してい
る反対住民に対して、「カルト集団 青森・八戸支部 構成員」が3年半以上も
連日、「継続的・集中的、執拗な行為」を続けているのも分る気がします。

 反対住民は、20年以上も「カルト宗教」と対峙しているので、対処方法を分
っているので、「自殺」や「ポアされない」でいるだけなんですな。そうでなけれ
ば、とっくの昔に「ポア」されていたでしょう。なにせ、反対住民めがけて、ク
ルマで「特攻」する連中ですからな。

 いずれ、舞台は「青森県青少年健全育成審議会いじめ部会」に移されたわ
けですから、その動向を注視していきたいと思います。

 でも、滋賀県大津市の中学生いじめ自殺事件の場合は、第三者調査委員会
に、「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家・尾木直樹法政大学教職課程セ
ンター長を委員に加えたのに比べ、青森県はなんとも「てぬるい」感じがします
な。

 やはり、「東京からはるかかなたの僻遠の地」「大手マスコミが相手にもしない
田舎県(失礼)」の青森県だからなんでしょうかな。

 あと、この青森・八戸北高校の来年度の受験希望者は、文科省スーパー・サ
イエンスハイスクール指定校であり、県下有数の進学校であるにも関わらず、
『 定員割れ 』。

 まあ、あたりまえですな。誰も「殺されたくない」ですからな。中学生の方が
現況をよくわかっているようですな。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それにしても、ここまで「大事になっている」にも関わらず、我等が「幸福実現党
 元八戸市議 上條幸哉 さん」や「幸福の科学」関連団体である「いじめから子
どもをまもろう ! ネットワーク」は、ウンともスンとも、音なしです。何をしているの
でしょうかな。

 「幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉 さん」は、選挙情報を見るに、「八戸市内
の高校」をご卒業なさって「明治大学」のご出身です。明治大学と言うと東京六大学
の雄、超難関の一流校ですから、青森県下有数の進学校でなければ入れない大学
だと思います。「幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉さん」のご出身高校、どこなの
か、とっても気になります。

 まさか、「幸福実現党 元八戸市議 上條幸哉 さん」のご出身高校が「八戸北高
校」なので、何にもしないのでしょうか。とっても、気になりますな。



  


 
 

「カルト村」になるとこうなる !! ~警察通報の手口②

 前回の続きです(文中仮名敬称略)。

 以前、種村修さんのブログ「真実を語る」に、読者から「宗教関係では
幸福の科学の大川隆法の本だけが、スーパーマーケットの書籍コーナ
ーに置いてあったので抗議した」という投稿記事を見た「幸福の科学 
お断り !!」や「毒 撒くな !!」の看板を自宅の塀に掲示している青森・八
戸市の反対住民、いつも利用しているスーパーマーケットで同様なこと
があったので、早速、その本社に電話したそうです。

 「書店ならいざ知らず、様々な信仰をもつ不特定多数の人たちが
買い物に来るスーパーマーケットで、幸福の科学の本だけを置くの
はいかがなものだろうか? 

 置くのであれば、幸福の科学だけでなく、キリスト教や仏教、神道、
新宗教では信者数が一番多いであろう創価学会の本や立正佼成
会、天理教などの本も置かないと、貴社のイメージや売り上げにも
影響があるのではないだろうか。」

 の旨を、自分の住所氏名を名乗ったうえで、至極正当な質問をし
たそうです。

 この時、反対住民は、この「ユニバーシアード」というスーパーの
電話に出た本社の担当者の態度はかなり悪いものだったと感じた
ようです。

 その後、反対住民がこの「ユニバーシアード」で買い物をしている
時に、不可思議なことが起こったそうです。

 反対住民が店内で買い物をしていると必ずと言っていいほど、
店内清掃を担当している「太平洋ビルサービス」の清掃員が、
反対住民の近くで「嫌がらせする」かのように付きまとい、モ
ップがけをするようになったそうです。

 不審に思った反対住民が、この清掃員が自分の目の前だけを何
度もモップでふく行為をしたので、後を付けてみたそうです。そうした
ら、この清掃員、それを見て逃げ出したようですな。店内での「鬼ごっ
こ」になったと言っていました。

 反対住民、これに対して「ユニバーシアード」本社に電話し、また
店内に置いてあった「ご意見箱」を使い抗議したそうですが、この時の
対応も酷いものだったと感じたようです。そして、何回も抗議しても
「太平洋ビルサービス」の清掃員、やめなかったようですな。

 この「ユニバーシアード」では、資源ゴミの回収ボックスを設置し
ているので、反対住民もいつも利用していたそうです。自宅付近の
家庭ごみ集積場は「カルト集団 青森・八戸支部 構成員」の「特
攻・威嚇攻撃」が続いていたので、これを利用せざるを得なかった
わけですな。

 また、この「ユニバーシアード」の店内にまで、「カルト集団 青
森・八戸支部 構成員」が尾行してきていたそうですな。この店の
駐車場で反対住民のクルマが何者かによって頻繁にキズをつけら
れることがあったので、「ユニバーシアード」に電話して駐車場に防
犯カメラを設置しているのかどうか尋ねたこともあるそうです。


 昨年5月下旬のことです。反対住民がこの資源ゴミ回収ボックス
に資源ゴミを入れていたら、この「太平洋ビルサービス」の清掃員が
些細なことで文句をつけてきたそうです。

 これに対して反対住民、この「太平洋ビルサービス」の清掃員に
「あなたとは別の清掃員だが、なぜ、私に対して『嫌がらせ』をする
のか ? 教えてほしい。」と質問したそうです。

 そうしたら、この清掃員、本人でもないのに「そういうことはしてい
ない」と言い張り、「ユニバーシアード」の「成井」という副店長を名
乗るまだ若い職員を呼んできたそうです。 

 やってきた「成井」副店長が「鬼のような形相」で、いきなり「警察
を呼びます」と怒鳴ったそうです。反対住民は別に犯罪を犯したわ
けではないので、「呼んでも構わないが、私に対しての『嫌がらせ行
為』について教えてほしい旨」を話したそうですが、「成井」副店長、
これには「答えず」、すぐに「警察に通報」したそうですな。

 もちろん、反対住民は何も犯罪を犯していませんので、やってきた
警察官も別段取り調べもせず、すぐ「無罪放免」。

 ここで、反対住民が「怒鳴ったり、資源ごみ回収ボックスを蹴ったり」
していたら、「ユニバーシアード」「成井」副店長、「器物損壊だ」などと
言ったかも知れません。反対住民が逮捕されていたかもしれないで
すな。

 しかし、普通こんなことで、「お客さん商売のスーパーマーケット」が
警察を呼びますかな。他では聞いたことがありません。警察の方々
も「オウム真理教」や「他の重大事件」で忙しいでしょうから、「このよう
なつまらないこと」で警察の職務に支障をきたすようなことは止めて
ほしいものです。そのへんのところをよく考えて行動してほしいもの
ですな。それとも、この「ユニバーシアード」、頻繁に「警察に通報し
ている」のでしょうか。気になるところです。

 それで、反対住民、6月上旬に、「ユニバーシアード」の持ち株親
会社である「アートストア」の社長と「太平洋ビルサービス」の社長
あてに、「この警察通報の件について、どう考えるのか、回答を欲し
い旨」の文書を「内容証明郵便」で送ったそうです。

 この回答は、双方の社長からもまだ来ていないそうです。送ってか
ら、7か月以上経つようですが。そういえば、「幸福実現党 元八戸
市議 上條幸哉 さん」もまだ返事をよこしませんな。

 反対住民は、この「ユニバーシアード」だけで、年間約150万円
くらい購入していたとのことですが、「ユニバーシアード」、その程
度のお客は「客じゃねぇ」、何でしょうか。

 「ユニバーシアード」は、「わしらの店で販売するものにケチを付
ける輩は、買わんでもええわい、警察に通報だ。」という「お殿さま」
のようなんでしょうな。

 しかし、「幸福の科学の本だけを置かないで、他の宗教の本も
置いたら」と電話しただけでこれですか。「ブラック企業」ならぬ「カ
ルト企業」と言われてもしょうがない会社ですな。それとも、この会
社、「幸福の科学」と関係が深いんでしょうか。気になるところです。

 家庭ごみを出しに行くだけで「特攻」され、「完全武装」しなくては
ならない、スーパーマーケットでもおちおち買い物も出来ない「青
森・八戸市」、恐ろしい所です。 

 「カルト村」になるとこうなりますという典型的な見本ですな。
くわばら、くわばら、ですな。

 注 )昨日も菅原文太主演の「仁義なきシリーズ」を見すぎたため、
  表現が同シリーズと同様になる場合があることをお断りいたし
  ます。





プロフィール

福原 霊法

Author:福原 霊法
幸福の科学の『威嚇目的の訴訟』に抗議します。

幸福の科学を中心に、心や宗教、社会問題を
考えるブログです。

青森・八戸市のような「カルト」が地域を
支配することの全国への拡大を防ぐための
活動もしていきます。




   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。